防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

Facebook 災害時に安否を知らせる新機能 世界中で開始

災害発生時に、Facebook上で安否確認ができる新機能がスタートした。「災害時情報センター」の画面イメージ(提供:Facebook)

 大手SNSサイトのFacebookは、地震や津波など災害時に自分の無事を家族や友達に知らせたり、相手の安否を確認できる新たな機能を16日から開始した。世界共通サービスのため、海外で災害に巻き込まれた場合も利用可能だ。

 

  「災害時情報センター」と名付けられたこの機能は、災害が発生した際に、被災地にいる可能性があるユーザーを対象に、Facebookから安否を確認する通知が届く。画面上の「自分の無事を報告」というボタンを押すと、交流サイトでつながっている家族や友達に対して、一斉に無事を知らせる仕組み。

 

 また、被災地にいる可能性がある友達の安否を確認したい場合、該当する地域に登録された友達のリストが表示され、安否状況がひと目でわかるようになっている。

Facebookの新機能「災害時情報センター」

あらかじめFacebookに情報を登録しておくと、災害発生時にスマートフォンやパソコンなどに、安否を確認する通知が届く(提供:Facebook)

 あなたにオススメの記事

メニュー