防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

災害時の安否メッセージ 携帯各社が4月1日から相互運用

 電気通信事業者協会は25日、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI・沖縄セルラー電話の4社が提供している「災害用音声お届けサービス」について、4月1日から相互運用を始めると発表した。キャリアの垣根を越え、他社携帯にも安否を伝えるメッセージを送信できるようになる。

 

 災害用音声お届けサービスは、震度6弱以上の地震など大規模な災害が発生し、音声発信が集中してつながりにくくなった場合に、パケット通信を利用して音声メッセージを送るサービス。電話が不通でも、安否などを録音した声で確認することができ、災害時の新たな連絡手段として注目されている。

 

 これまでは各社が独自に運用していたため、異なるキャリアの携帯にはメッセージを送付できなかったが、国の災害時の通信に関する検討会の提言を受け、同協会を介して4社間で協議してきた。相互運用の開始でパケット通信による安否連絡が進み、通信の集中が軽減して緊急通報など重要な通信がつながりやすくなることも期待できるという。

 

 各社は相互運用の始まる4月1日に体験サービスを提供。それ以降も災害の発生に備え、毎月1・15日、防災週間(8月30日~9月5日)などにも実施する。

 あなたにオススメの記事

メニュー