防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

車を運転中に災害に遭ったら? 対処法まとめたDVD

 交通安全教育の作品を手がける映像製作会社「斉藤プロダクション」(本社・埼玉県皆野町)は、車を運転中に災害に遭った場合の対処法やドライバーの心得をまとめたDVD「地震! 津波! 火災! 災害時、ドライバーはどう生き残るか」を制作した。


 DVDには、東日本大震災で車を運転中に被災したドライバーの証言を数多く収録。「道路が波のように揺れて、ハンドル操作は無理」「渋滞で動けないところに津波が来て、のまれて亡くなった」といった、生々しい体験が語られている。


 さらに、そうした証言を基に、車の水没や、避難の妨げとなる放置車両を何人で撤去できるか、といった実証実験を実施。車両火災でタイヤが破裂し、パニックに陥るドライバーの映像などから、緊急時の人間の心理と行動も分析し、いざという時に焦らず適切に対処する方法をアドバイスしている。


 同プロダクションは、30年にわたって自動車教習所などで見るDVDやビデオを制作しており、震災で交通防災の重要性を実感し、DVDを制作したという。担当者は「災害時は、的確な状況判断がドライバーの生死を左右する。命を守るDVDとして活用してほしい」と話している。


 DVDは自治体や企業向けで、税込み4万8300円。問い合わせは、斉藤プロダクション(0494-25-4801)まで。

 あなたにオススメの記事

メニュー