防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

警視庁広報課が“つぶやき”開始 公式アカウント4つ目

1日数件ずつツイートしている警視庁広報課のアカウント

 警視庁広報課が1日から、ツイッターアカウント(@MPD_koho)を開設し、“つぶやき”を始めた。警視庁の公式アカウントは警備部災害対策課(@MPD_bousai)などに続き、4つ目。


 警視庁はこれまで、警備部災害対策課、犯罪抑止対策本部(@MPD_yokushi)、採用センター(@MPD_saiyo)のアカウントを開設。防災の豆知識や雪による交通規制、イベント告知、振り込め詐欺の発生などをツイートしている。

 

 原則として「返信やリツイートは行わない」と“お堅い”印象だが、災害対策課のアカウントではNHKの地震情報もリツイート。課の略称について「当課は『災対』。サイバー犯罪対策課とカブっていて、同席する打合せなどは、相当紛らわしい」とつぶやいたり、犯罪抑止対策本部も「4月4日は、あんパンの日。甘い物が好きな本職としては、これをつぶやかないわけにはいきません…」とゆるいツイートも。

 

 広報課のアカウントは、各部署の施策やイベント情報の発信がメインという。2日にはさっそく、「警察博物館では、4月14日まで、被災地での岩手県警・宮城県警・福島県警・警視庁の活動写真並びに職員及び家族の手記の展示や、活動状況のDVDを放映しています」と告知していた。

 あなたにオススメの記事

メニュー