防災と災害情報のニュースメディア
  • 震災復興

被災地での出会いを曲に 全盲ドラマーの男性が復興支援CD

「あゆみ〜しあわせへのプロローグ〜/約束」

 全盲のドラマー佐藤尋宣さんと、シンガーの妻CHIKAさんのユニット「Soul Breezin'」が、東日本大震災の復興支援CD「あゆみ~しあわせへのプロローグ~/約束」を発売した。被災地での出会いを通して生まれた2曲を収録している。

 

 佐藤さんは宮城県出身。3年前から夫妻で各地の学校で講演を行い、障がい者への理解を求めたり、夢を持って生きることの楽しさを音楽と共に子どもたちに伝えてきた。

 

 2011年6月には、震災前に訪れたことのある宮城県石巻市の市立橋浦小を再訪。佐藤さんは普段、既成の曲を演奏することが多いが、授業を通じて触れ合った男の子たちから「曲作らないの?」と何気なく聞かれたことが、オリジナル曲の作曲につながったという。

 

 CDに収録した「あゆみ~しあわせへのプロローグ~」は、小学6年の女の子たちがタイトルをつけた。もう一つの「約束」は、被災しながらも支援活動に携わる女性が書いた詩をアレンジした。

 

 CDは1枚1000円で、佐藤さんのオフィシャルウェブサイトか、FAX(03-3740-8426)で注文できる。CD1枚のうち500円は、佐藤さん夫妻を通して被災地の支援団体に寄付される。

 あなたにオススメの記事

メニュー