防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

「日本の森を守る東北サミット開催」全国地銀の呼びかけで

 全国64の地方銀行で構成される「日本の森を守る地方銀行有志の会」は、東日本大震災で被災した海岸林の再生を目的とした「日本の森を守る東北サミット」を19日に宮城県仙台市で開催する。

 

 当日は午後1時55分から「社会貢献の森」(仙台市若林区)で植樹式を行い、その後、同市内の「ウェスティンホテル仙台」に場所を移して、午後3時30分からサミット会議を開催。地方銀行や関係省庁などのほか大学教授やNPO関係者、林業経営者なども参加して、講演会、パネルディスカッション、全体会議と午後8時まで森林に関するプログラムが実施される。

 

 なお、国際連合(UN)では3月21日を「国際森林デー」としており、「日本の森を守る地方銀行有志の会」でも、東北の海岸林再生を機に日本全国で美しい自然を保全していきたいという。

 あなたにオススメの記事

メニュー