防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

鳥インフル 新たに9人発症 上海で2人死亡 致死率は22%

 世界保健機関(WHO)によると、中国国家衛生・計画出産委員会は15日、鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者が新たに9人発生したとWHOに報告した。

 

 新たに報告された患者は、浙江省で4人、上海市で3人、江蘇省で2人となっており、また以前に上海市で報告された患者2人が死亡した。

 

 これで鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者は60人、このうち13人が死亡しており、これまでの致死率は約22%にのぼる。

また患者との接触者として1,000人以上が、現在も経過観察下にある。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー