防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

規制委「モグラたたき」では廃炉進まず

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は17日の定例会見で、汚染水の漏えいや冷却装置の停電などトラブルが続く東電の福島第一原発の対処について「モグラたたきみたいにやっていては、廃炉作業が進まない」と述べた。

 

 これは原子力規制庁が東電福島第一原発の廃炉対策推進会議に参加することに関連して述べたもので、田中委員長は、

 

「汚染水や停電の問題など、住民の立場からすれば、もっときちんとやって下さいと言う気持ち。(廃炉)事業計画は事業者が主体となるが、専門集団として、政府も一体となって取り組んでいくべき」

 

などと述べ、原子力規制委員会として廃炉作業について積極的に関与していく姿勢を改めて表明した。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー