防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

ラジカセなら24時間使用可能。移動式蓄電池「キャリ電」15日より発売

3種類のカラーバリエーションがあり、旅行カバンのような感覚で移動可能。

 ポータブル電源 非常用電源専門ショップのワンゲインは15日、キャリー付きで、家電に利用可能な蓄電池「キャリ電350」発売した。


 「キャリ電350」は家庭用コンセントからの充電ができる蓄電池。最大350Wの出力を誇り、ラジカセなら約24時間、スマホの充電なら約40時間、電気毛布なら約2~4時間程度の利用が可能。

 家庭用コンセントで6.5時間程度でフル充電。別売りのソーラーパネルを購入すれば、アウトドア環境でも充電できる。価格は10万2900円[税込]。

 また上位機種として大容量の「キャリ電1500」も用意。こちらはすでに医療機関での利用実績もあるとのこと。価格は21万円[税込]。


 同社は「緊急時の利用はもちろんですが、本製品を使うことで電気はお金と一緒で溜めた分しか使えないことを認識してもらえればと思っています。そうした思いが、節電につながり、電力会社に依存した社会からの脱却の一助にもなればと考えています」と話している。

 あなたにオススメの記事

メニュー