防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

陽子加速器施設事故「報告の内容が不十分」 規制委

 陽子加速器施設「J-PARC」(茨城県東海村)での放射性物質漏えい事故に関する高エネルギー加速器研究機構(KEK)と日本原子力研究開発機構(JAEA)が提出した一次報告について、原子力規制委員会は5日、事故の発生状況などの説明が中心で、内容が不十分と指摘した。

 

 規制委の田中俊一委員長は同報告について、「なぜこういう事態が起ったのかという原因と、その対策についてまったく触れられていない」として、「実験室の設備がこうした実験をするにあたって十分な施設になっていなかったんじゃないか?」とか「やや意図的に(放射性物質を)出しているところから、その判断とか、判断の根拠となったマニュアルに不備があるんじゃないか?」などの疑問を呈した。

 

 さらに田中委員長は、「まず自己反省も含めて、きちっと(報告書を)出して、その上で対策を早急に出していただくよう指示してほしい」と原子力規制庁へ対応を指示した。

 

 また田中委員長は、KEKが事故の原因究明や再発防止に取り組むために有識者などによる第三者委員会を設置したことについて、「第三者委員会を作って議論しますなんていうのは、私どもにとっては何の意味もない。規制委・規制庁としては、今後こういった事態が起こらないように安全を確認することが一番大事なので、そういった視点で指示・調査を進めていただきたい」と述べた。

 あなたにオススメの記事