防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

輸入品の充電器で火災あいつぐ 異音と共に出火 東京や埼玉など7件

輸入充電器で火災あいつぐ(経済産業省)

 今年9月から10月にかけて、リチウム電池内蔵充電器を使用中に出火する火災が東京都内や埼玉県で相次いでおり、充電器を輸入した大阪府の「ハック」が自主回収を発表した。

 

 リコールの対象となるのは、東大阪市の輸入会社ハックが今年8月20日〜9月まで販売したリチウム電池内蔵充電器「ギガバンク10000mAh」と「パワーバンク10400mAh」の計3200台。

 

 消費者庁や経済産業省によると、この充電器を使用中に製品が燃える火災が7件報告されている。この火事によるヤケドなどのケガはなかったが、埼玉県から報告されたケースでは、「充電中に異音がした」という。

 

 商品購入者に送料着払いでハックに返送すると、商品代金を指定の銀行口座に返金するとしている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

ハック モバイルバッテリー返送係(電話:0120-976-089)

大阪府東大阪市新家中町2-31

※返送時には名前、住所、電話番号、購入店、購入日、購入金額及び振込先の口座を明記

 あなたにオススメの記事

メニュー