防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

北海道の根室沖でM4.5 中標津町で震度1 千島海溝周辺

提供:気象庁

 気象庁によると、8日午前10時34分ごろ、北海道の根室半島沖を震源とするマグニチュード(M)4.5の地震が発生した。

 

この地震の震源地は、根室半島南東沖で、震源の深さは約30キロ。地震による津波の心配はない。各地の震度は以下のとおり。

 

 

【震度1】北海道

中標津町養老牛(ようろううし)、中標津町丸山、別海町常盤、根室市落石東、根室市珸瑶瑁(ごようまい)

 

 震源海域は、太平洋プレートが北米プレートの下に沈み込んで形成された千島海溝の周辺で、政府の地震調査委員会は昨年12月、北海道の東方沖で今後30年以内にM9クラスの超巨大地震が発生する確率は最大40%だとして、「発生が切迫している可能性が高い」という見解を示している。

 

■最新の地震情報の詳細は、ハザードラボ「地震情報マップ」でも紹介しています。

千島海溝

千島海溝の位置(地震調査委員会)

 あなたにオススメの記事

メニュー