防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

8日は早い帰宅を!雨台風に厳重警戒 新たな熱帯低気圧も発生

気象衛星ひまわりがとらえた台風13号(NICT)

 強い台風13号は7日午後3時現在、伊豆諸島の八丈島を目指して北上を続けている。気象庁は「東日本の太平洋側では8日午後から9日にかけて、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るところがある」として、厳重な警戒を呼びかけている。8日は早めの帰宅がおすすめだ。

 

 気象庁によると、台風13号の現在の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹き荒れている。

 

 台風は今後も強い勢力を維持しながら、暴風域を伴って北上を続け、8日には伊豆諸島に接近。その後、房総半島から東北地方の太平洋側にかなり接近し、上陸するおそれもある。

 

 台風は接近するとともに速度を落とすことから、影響が長引く見通しで、関東甲信地方と東北地方では台風接近前から前線の動きが活発化し、8日午後から9日にかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨となるから、早めの警戒が必要だ。

 

 8日午後6時までの24時間に予想される雨量は、▽関東甲信地方で150ミリ、▽伊豆諸島100ミリ、▽東北地方80ミリ。その後も雨足はさらに強くなり、9日午後6時までの24時間雨量は、▽関東甲信地方で300〜400ミリ、▽東北地方200〜300ミリ、▽北陸地方100〜150ミリ、▽東海地方と北海道でも50〜100ミリの雨が降ると予想される。

 

 一方、フィリピンの東の海上では新たな熱帯低気圧も発生した。こちらも北北東に向けてゆっくり進んでおり、まもなく台風14号に発達する見通しだ。

 

■ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」で最新情報をチェックしてください!

熱帯

フィリピンの東の海上には新たな熱帯低気圧も発生している(気象庁)

気象庁

台風への警戒が必要な時間帯(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー