防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風14号 那覇市に接近中「日本海には来ず中国へ」可能性高まる

台風の進路予測(気象庁)

 台風14号は11日午後12時現在、沖縄本島に向かって時速25キロで進んでいる。気象庁の進路予測によると、週明けにも日本列島をまわりこむように日本海に接近すると考えられていたが、そのまま中国に上陸して熱帯低気圧に変わる可能性が高くなってきた。

 

 気象庁によると、台風の中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルで、中心の東側と西側では風速15メートル以上の強風が吹いている。

 

 台風は、次第に発達を続けながら日が変わる12日午前0時ごろには久米島にかなり接近して、その後は遠ざかっていく見通しで、週明けの13日にも中国・上海周辺に上陸して、翌日にも熱帯低気圧に変わると予想されている。

 

■ハザードラボ「台風マップ」では台風の最新情報を随時更新しています。

 あなたにオススメの記事

メニュー