防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

赤の次は黒!お盆の八王子でブラ+パンツ男 連日連夜の出没

黒い野球帽をかぶることもある(イメージ画/編集部)

 お盆休みに入った今月11日深夜から13日未明にかけて、東京・八王子では、女性もののブラジャーとパンツを身につけた男が連日連夜目撃されており、警察がパトロールを強化している。

 

 最初の事件があったのは今月11日午後11時15分ごろ、八王子市北野町界隈で、帰宅途中の女性が、女性用の赤い下着の上下を身につけている男を目撃し、警察に110番通報した。

 

 さらに、現場近くの八王子市西片倉1丁目付近では、13日午前1時40分ごろ、今度は黒い野球帽を目深にかぶり、黒いブラジャーとパンツ姿の男が帰宅途中の別の女性のあとをつきまとう事件があった。

 

 ふたつの事件とも、現場はJR横浜線「片倉駅」から半径1キロ以内の市街地で、この付近では昨年夏以降、近くの打越町を中心に女性用下着をつけた不審な男がしばしば目撃されていることから、警察は同一人物の可能性があるとして公然わいせつの容疑で犯人の行方を追っている。

 

 これまでの目撃情報では、男は年齢40代前後、身長は175〜180センチ、体格は痩せ型とも中肉体型とも言われており、下着はピンクだったり、黒に緑のレースなどと、毎回さまざまなバリエーションがある。また、すれ違いざまに女性の体に触るなど痴漢行為に及ぶケースもあることから、深夜の帰宅時にはくれぐれも要注意だ。

 


【問合せ先】南大沢警察署 042-653-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー