防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北海道で激しい雷雨に注意 19日には東北地方にも大雨

 気象庁は17日午後、北海道地方を中心に大気の状態が非常に不安定になるため、18日は局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みだとして、浸水や土砂災害、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

 

 気象庁によると、ロシア沿海州の低気圧からのびる寒冷前線が北海道付近を南下し、暖かく湿った空気が流れ込むため、北海道地方を中心に大気の状態が非常に不安定になるとのこと。

 

 このため北海道地方では、18日未明から昼前にかけて、1時間60ミリの非常に激しい雨が降る見込みであり、18日午後6時までの24時間に予想される雨量は多いところで150ミリに達する。

 

 また、19日は寒冷前線が東北地方まで南下するため、東北地方でも大雨となるおそれがある。

 あなたにオススメの記事

メニュー