防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

非常に強い22号は「猛烈な台風」へ…熱帯低気圧も発達中

フィリピンのに接近中の台風22号と南シナ海で発達中の熱帯低気圧(気象庁)

 

 11日午前6時現在、台風22号はマリアナ諸島近海で非常に強い勢力に発達した。気象庁によると、今後さらに成長を続けて、あさって(13日)には「猛烈な台風」に変わると予測される。一方、南シナ海で発達中の熱帯低気圧は、中国南部に向かって西へ進んでいる。

 

  非常に強い台風22号の現在の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートルで、中心から半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

  22号は時速30キロで西へ向かっていて、今夜からあすにかけてフィリピンの東の海上に到達。今週末にはルソン島北部に接近して、直撃するおそれがある。進路によっては、14〜15日ごろにかけて、沖縄地方が大しけになるおそれがある。

 

  一方、南シナ海で発達中の熱帯低気圧も少しずつ勢力を増しながら、香港に向かって接近中だ。

 

■ハザードラボ「台風マップ」では最新情報を更新中です。

非常に強い

非常に強い台風に発達した22号(NICT)

進路

進路予測(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー