防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

八王子のブラ+パンツ男 黒地に水玉の最新コーデでチカン行為

お盆休みには連日連夜あらわれていたブラ+パンツ男。これを皮切りにまた目撃情報があいつぐことにならねばよいが…。(イメージ画/編集部)

 今月13日未明、東京・八王子市で、帰宅途中の女性が、女性用のブラジャーとパンティを着けた男から、体を触られる被害にあったとして、警察に110番通報が寄せられた。

 

 事件があったのは13日午前0時ちょうど、八王子市打越町を自宅へ向かって歩いていた女性が、下着姿で歩く奇妙な男を発見した。すると突然、男がこちらを向き、体を触ってきたため、急いでその場から逃げて、警察に通報した。

 

 男がつけていた下着は上下ともに黒かったが、ブラジャーだけは、白い水玉模様が描かれていたという。さらに、ニット帽とマスクもすべて黒で揃えており、顔が隠れていたため、年齢などの特徴はわかっていない。

 

 現場は、八王子駅から南東方向へ1キロほど離れた住宅街。これまでは女性用の下着姿で目撃されることが多かったが、当時の気温は14℃だったことから、さすがに寒かったと見えて、ニット帽とマスクで防寒対策を行っていたようだ。また、今回のように、すれ違いざまに女性の体に触るなど痴漢行為に及ぶケースもあることから、深夜の帰宅時にはくれぐれも要注意だ。

 

 

【問合せ先】 南大沢警察署 042-653-0110
■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー