防災と災害情報のニュースメディア
  • IT

「1分間で1万円をラクラクGET!」アンサーズ.comに注意 消費者庁

アンサーズ.comの広告

「誰でもたった1分で1万円の現金をらくらくGET!」などの宣伝文句で、アンケートに誘導し、入会金を支払うよう勧誘するウェブサイト「アンサーズ.com」に対して、消費者庁は9日、消費者の利益を不当に害する行為だとして、「消費者安全法」にもとづいて運営する「一般社団法人 日本統計機構」の実名を公表し、消費者へ注意を呼びかけた。

 

 消費者安全法の「虚偽・誇大な広告・表示および不実告知行為」が確認されたのは、東京・港区南青山の「一般社団法人 日本統計機構」(小林静江代表)。

 

 消費者庁によると、同機構はインターネット上に掲載した「アンサーズ.com」の広告で、アンサーズに入会して簡単なアンケートに回答すれば、誰でも1万円を簡単に稼ぐことができるなどと宣伝して、消費者にLINEの友だち登録を勧めたうえで、アンサーズへの入会を勧誘する動画を送信。

 

 その動画ではアンサーズの創始者で日本統計機構の代表理事をつとめる「神山雄一」と名乗る人物が登場して、「動画の感想を送って仮登録会員になると1日10万円まで稼げる」と勧誘し、そのとおりにすると、アンサーズのウェブサイトにログインするためのIDやパスワードが発行される。

カリスマは架空の人物!

 仮会員になった消費者がアンケートに回答を始めると、1問答えるごとに、それぞれの消費者の「報酬画面」に1万円の収益が加算される仕組みだが、仮会員の場合はアンケートへの回答が1日10問までと制限されており、さらに稼ぎたければ高額な入会金を支払うよう求めてくるという。

 

 調査の結果、アンサーズに登録したうち、収益をあげられた会員は1人もいなかったばかりか、「神山」なる人物も、同機構が作り上げた架空のカリスマ指導者であることが判明。これまでの売上は5億円近くに上るという。

 

 同機構は消費者庁の調べに対し、虚偽広告を出していた事実を認め、アンサーズのウェブサイトを閉鎖している。全国の消費生活センターには今年9月までに100件以上の相談が寄せられており、今後も別の事業者が同様の手口で消費者被害を引き起こす可能性が高いと見ている。

 

 消費者庁は「カリスマ的な指導者が収益を得ていることをアピールしたり、虚偽の体験談で誰でも簡単に稼げることをうたう業者がいるので、少しでも怪しいと思ったらすぐに契約せず、各地の消費者センターや警察に相談してほしい」と呼びかけている。

アンサーズの広告

うまい

今後も同様の手口による被害が起こるおそれがある(消費者庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー