防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

南太平洋でM6.2 プレート境界か?日本への津波の影響は…

南太平洋でM6.2(USGS)

 米地質調査所(USGS)によると、けさ(16日)8時ごろ、南米沖の南太平洋を震源とするマグニチュード(M)6.2の地震が発生した。ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)はこの地震による津波の心配はないとしている。

 

 日本時間16日午前8時9分ごろ、南極海に近い南太平洋でM6.2の地震が観測された。震源は南米チリ南部のプエルト・ナタレスから東南東へ3218キロで、震源の深さは10キロ。

 

 震源海域は、南極プレートと太平洋プレートが接する境界付近で、地震活動が比較的多い。

プレート

地球を覆うプレート(USGS)

 あなたにオススメの記事

メニュー