防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

潘事務総長の釈明了承「問題視しない」官房長官

 国連の潘基文(バン・キムン)事務総長が自身の歴史認識問題発言について、オランダ・ハーグで松山政司外務副大臣に釈明したことを受け、菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、同事務総長の釈明を了承し、問題視しないとの認識を明らかにした。

 

 これは潘国連事務総長が韓国でメディアに対し、「日本政府と政治指導者は自らを深く反省し、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要」と語ったと報じられた問題で、菅官房長官は松山副大臣に対し、潘国連事務総長の発言の真意をただすよう指示したもの。

 

 同会見で菅官房長官は、松山外務副大臣から報告された潘国連事務総長の釈明内容について、「自分(潘国連事務総長)の発言は日本にのみ指摘したものではない。さらに日中韓3カ国は重要な国であり、3カ国の指導者は過去に起こったことをしっかり理解し、それを克服していくべきだ」と説明。

 

 さらに、潘国連事務総長が「歴史認識に関する安倍政権の立場や、平和国家としてのこれまでの日本政府の努力については十分よく承知している」と述べたことも明らかにし、真意は明らかになったとして今回の発言について日本政府として問題視しない考えを示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー