防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

巨大スーパーセル!ブエノスアイレス上空に迫る アルゼンチン(動画)

ブエノスアイレス上空を覆ったスーパーセル。空から津波が落ちてくるようだ(Lucas Moreira / Tormentas Argentinas)

 南米アルゼンチンのブエノスアイレスで9日、上空から襲いかかる津波かと見間違えるほど巨大に発達した「スーパーセル」が出現し、急激な気温の低下をもたらした。

 

 南半球に位置する首都ブエノスアイレスの1月は夏真っ盛り。例年だと30℃近くの蒸し暑い日々が続くなか、このところ比較的涼しい天気が続く。

 

 

 突然の雷と暴風雨に襲われた9日には、巨大な積乱雲が発達し、「スーパーセル」となった。空は一転してかき曇り、晴れている地域から見ると、まるで上空から襲いかかる津波のような不気味な雲だ。

 

 温暖化の影響で、昨今は日本でも真夏の季節にスーパーセルの報告が珍しくなくなってきた。2017年8月には愛知県・清須市上空に現れ、3時間で7000回の落雷も観測されている。

津波

雲の真下以外は晴れているのが不気味だ(Lucas Moreira / Tormentas Argentinas)

日本

温暖化の影響で日本でも発生頻度が増えている(Lucas Moreira / Tormentas Argentinas)

 あなたにオススメの記事

メニュー