防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

元日の明日香村に全裸マン!下半身のご利益を期待!? 奈良

当時の気温はマイナス2度前後だった(イラストはあくまでもイメージ/編集部)

 飛鳥時代の史跡が多いことで知られる、奈良県・明日香村で、元日未明、全裸の男がたたずんでいると、住民から110番通報があった。

 

 1日午前0時14分ごろ、高市郡明日香村大字川原の路上で全裸の男がいることに、初詣へ向かっていた住民が気づき、慌てて警察に通報した。

 

 男は年齢不詳で、身長は175〜180センチくらい、中肉体型だったという。

 

 現場の周辺には、亀のような形で有名な「亀石」や、聖徳太子誕生の石碑など、史跡が点在している。すぐそばには、お詣りすると下半身の病気が治ると言い伝えられている「弥勒(みろく)石」という石像もある。

 

 

【問合せ先】奈良県警察本部 0742-23-0110(代表)

■この記事はナポくんメールからの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー