防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

口永良部島が爆発的噴火 屋久島まで降灰のおそれ

噴火の瞬間(気象庁の火山監視カメラより)

 気象庁によると、17日午前9時19分ごろ、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)で噴火が発生した。

 

 火口上空に雲が立ち込めているため、噴煙の高さは不明だが、6000メートルまで上昇した場合は火口から東へ火山灰が流れ、1時間以内に隣の屋久島にも火山灰が降ると予想される。また、火口から東へ36キロまでの範囲では、風に乗って小さな噴石が降るおそれがあるという。

 

■国内火山の最新情報は、ハザードラボ「火山マップ」でも更新しています。

ふんか

噴火から1時間以内の火山灰の量(気象庁)

ふんか

噴石の落下範囲(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー