防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

口永良部島が噴火 火砕流1.5km「噴石が飛んだ!」警戒レベル3を維持(動画)

現在も噴火が続く口永良部島(気象庁)

 17日午前9時19分、鹿児島県の口永良部(くちのえらぶ)島の新岳火口で噴火が発生し、火口の南西側と北西側の斜面を火砕流が流れ落ちた。気象庁は「人家のある集落には到達していない」として噴火警戒レベル「3」を引き上げない方針。

 

 気象庁によると、けさ発生した噴火では空気の振動(空振)を観測。噴煙は火口上空500メートルまで上昇し、雲の中に入ったため、最終的な高さは不明だ。

 

 噴火と同時に火口周辺に堆積していた噴出物が火砕流となって流れ落ち、火口の南西側と北西側の斜面に沿って約1.5キロ到達したが、本村港に近い前田集落までは届いていないという。また、大きな噴石も1キロほど飛散するのが確認されている。

 昨年夏以降、火山活動が活発化している口永良部島では12月18日の爆発でも火砕流が発生。気象庁は一時、「2015年の大爆発よりも活発化の進行が早い可能性がある」として警戒レベルを4に引き上げ、高齢者や要介護者を中心に避難準備を進めるよう呼びかけたが、その後、警戒レベルは3に引き下げられている。

 

 噴火に伴って、火山噴出物が高温の火山ガスと一体化して一気に流れ落ちる火砕流は、時速数十キロから数百キロと早く、温度は数百から数千度以上になることもあるため、非常に危険だ。

 

 気象庁の火山監視カメラでは、新岳火口からは午前10時半現在も噴煙を吐き出し続けている。

 

■ハザードラボ「火山マップ」も合わせてご覧ください。

口永良部島

 あなたにオススメの記事

メニュー