防災と災害情報のニュースメディア
  • 感染症

インフルエンザ「ウイルスを15秒で無力化」紅茶パワー!「出涸らしも活用」

冬の間はたくさん紅茶を飲みましょう!

 全国的にインフルエンザが猛威を振るうなか、三井農林が運営する「お茶科学研究所」は、紅茶にはウイルスをわずか15秒で無力化する効果があると発表した。

 

 同研究所は2018年8月、ちまたでインフルエンザ対策に良いと伝えられる飲み物や食品成分の液体にウイルスを混ぜて一定時間反応させる実験を実施。実験に使ったウイルスは例年流行しているウイルスのひとつ、A(H1N1)ウイルス。

 

 実験の結果、市販されているティーバッグ1袋を150mlの熱湯で1分間抽出した紅茶をウイルスと30秒間混ぜると、ウイルス量の99%以上が感染力を失うことを確認。

ウイルス撃退力99%!

 次いで効果が高かったのは緑茶の97.6%、ココア91.5%だが、一方で古くから体を温める効果があることで知られる生姜湯は77%、乳酸菌は24%、ビタミンCは約15%と低かった。

 

 次に、抗酸化作用が強く、苦味成分としてお茶やワインなどに含まれる「ポリフェノール」を豊富に含む飲み物で調べた結果、紅茶はわずか15秒でウイルスを無力化したのに対し、緑茶は10分以上、調整ココアやインスタントコーヒーではそれほど高い効果は得られなかった。

紅茶のウイルス撃退力は99%!(三井農林「お茶科学研究所」)

わずか15秒でウイルスが無力化

 さらにマウスの実験では、致死量のウイルスを感染させたマウスは10日後までにすべて死亡してしまったが、ウイルスを紅茶エキスと5分間反応させた後に感染させたマウスでは2週間後もすべて生き残っていたという。このことから、紅茶によって無力化されたウイルスは、生体内でも感染力が復活することなく、発症を抑制できることが確かめられた。

 

 また、インフルエンザワクチンを接種しなかった人369人を対象に、2017年11月〜2018年3月末までの流行シーズンに、どのくらい紅茶を飲むか頻度を尋ねたところ、ほぼ毎日飲むと答えた120人のうち、感染したのは15%だったのに対し、ほとんど飲まない57人では、25%近く感染していたこともわかった。

紅茶は15秒で効果がある(三井農林「お茶科学研究所」)

ポリフェノールがウイルスを無力化

 インフルエンザウイルスの表面は、「スパイク」という突起状のタンパク質で覆われている。このトゲトゲがヒトの呼吸器の粘膜細胞に吸着し、侵入することで感染することが明らかになっている。

 

 同研究所では「紅茶のポリフェノールはスパイクに付着して、ウイルスが細胞に吸着する能力を奪う力が強いため、感染を阻んで、無力化する効果がある」として、シーズン中は積極的に飲んでほしいと呼びかけている。また、ティーバッグを使い終わったあとでも、出涸らしの薄い紅茶をうがいに使うと、感染率の低減に役立つ効果が確認されているという。

紅茶のポリフェノールには、ウイルス表面のトゲトゲ「スパイク」を無力化させる(三井農林「お茶科学研究所」)

 あなたにオススメの記事

メニュー