防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

パプアニューギニア・マナム山が大爆発!「連続噴火24時間」本土への避難要請!

パプアニューギニアのマナム山が大爆発。島民が撮影(Kessy Sawang)

 パプアニューギニアのマナム島で23日、火山が爆発し、24時間が過ぎた現在も噴火が続いている。地元の島民からは、「給水設備と農場が損壊し、48時間以内に救援部隊が来なければ、島民全員が死亡するおそれがある」と本土に救助を求める声が高まっている。

 

 豪州ダーウィンの航空路火山灰情報センター(VAAC)などによると、マナム火山が爆発したのは日本時間23日午後1時48分ごろ。最初の噴火で噴煙は海抜1万2200メートル上昇したが、その後も激しい爆発が相次ぎ、同午後4時32分には上空1万5200メートルに到達。航空カラーコードは危険度が最も高い「赤」が発令されている。

溶岩流が発生

 欧州や米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星の画像では、島の北北東方向に流れる溶岩流も確認されている。

24時間噴火が継続

 

 かつてパプアニューギニア政府系機関で働き、現在はマナム島に住むケシー・サワン(Kessy Sawang)さんによると、噴火は24時間経っても止むことなく、島上空が完全に噴煙で覆われていて、灼熱状態だという。携帯電話会社の通信設備が壊れ、水源や畑の農作物も絶望的な状況なので、大至急本土への緊急避難が必要だとしている。

 

 パプアニューギニア北岸から13キロほど沖合に浮かぶマナム島では、昨年8月と12月にも大爆発があったばかりだ。

マナム島から60km離れたニューギニア島北岸のマダン州から見えた噴火のようす(derekschenさんのインスタグラムより)

 あなたにオススメの記事

メニュー