防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

韓国議長「天皇の謝罪で慰安婦問題は解決」日本政府が謝罪要求

韓国の国会議長、文喜相氏が天皇陛下に対して「慰安婦に謝罪すれば問題は解決する」と発言(同氏公式ホームページより)

 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が米通信社とのインタビューで、従軍慰安婦問題について「天皇陛下による謝罪の一言で問題が解決する」と発言した。菅義偉官房長官は12日の会見で、「外交ルートを通じて厳しく抗議し、謝罪と発言の撤回を求めた」と明らかにしたが、韓国側からは「発言は議長の本意と違うように報道された」と説明を受けたという。

 

 この問題は、文議長が米ブルームバーグ通信とのインタビューで、「戦争犯罪の主犯の息子である天皇陛下が、高齢の元慰安婦の手を握り、本当に申し訳なかったと言えば、これを最後に問題は解決する」と語ったもの。

 

 菅官房長官によると、日本政府は「はなはだしく不適切な内容を含む発言」だとして、8日と9日の二度にわたって、外務省アジア大洋州局長と長嶺安政駐韓大使が韓国側に対して強く抗議し、謝罪と撤回を申し入れた。

 

 しかし、韓国側からは「文議長は、日韓関係の早期解決を願い、未来志向を望んでいるという思いから発言したものであり、報道のされ方は、同議長の本意ではなかった」という説明を受けただけで、謝罪はなかったという。

 あなたにオススメの記事

メニュー