防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

「ツバかけられた〜」同情心につけこむオヤジ「家はどこ?」とおねだり 豊島区

「両親にツバをかけられた〜〜〜」と子供のふりをしても、ドラ◯もんは出てこない(イメージ画/編集部)

 東京・豊島区で今月12日、小学校から下校途中の男子児童が、面識のない男から意味不明の内容を話しかけられて、自宅を教えるよう迫られたとして警察に110番通報が寄せられた。

 

 不審な男が目撃されたのは、12日午後4時ごろ、豊島区南長崎2丁目の住宅街。男子小学生が自宅に向かって歩いていると、見知らぬ男から「両親にツバをかけられた〜」などと話しかけられた。

 

 驚いた男の子が「大丈夫ですか」などと声をかけたところ、突然「きみの家を教えて」と身元を尋ねてきたため、怖くなって急いでその場を離れ、帰宅後に警察に通報したという。

 


 男は年齢40歳前後で、灰色のニット帽をかぶり、ジャンパーを羽織り、中に赤いシャツを着て、そばには自転車があったという。

 

 現場は、西武池袋線「椎名町駅」周辺の住宅街で、手塚治虫や藤子不二雄など、多数の有名漫画家が住んでいた木造アパート「トキワ荘」の跡地に近い。



【問合せ先】目白警察署 03-3987-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー