防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

来週19日から全国で「ポカポカ陽気」異常天候早期警戒情報

来週19日から全国的に平均気温が高くなる(気象庁)

 来週19日以降、全国的に気温が平年よりかなり高くなるとして、気象庁が「異常天候早期警戒情報」を発表した。東京都ではすでにスギ花粉の飛散開始宣言を出しているが、ポカポカ陽気によって全国で早まる可能性がある。

 

 気象庁によると、来週19日ごろから約1週間は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、平均気温がかなり高くなる見込みだ。

 

 地域別に見ると、北日本の日本海側では低気圧や寒気の影響を受けにくく、平年に比べて曇りや雪の日が少なくなるが、東日本と西日本の日本海側では、曇りや雨、または雪の日が多くなると予想される。

 

 一方、北日本の太平洋側では晴れる日が多いものの、東日本と西日本の太平洋側では、低気圧の影響を受けて、晴れる日が少なくなる見込み。

 

 この先1カ月は、冬型の気圧配置が弱まって、全国的に暖かな日が続く見通しだが、東日本の太平洋側から西日本では日照時間が少なくなる見込みだ。

 あなたにオススメの記事

メニュー