防災と災害情報のニュースメディア
  • 生物

サイの敵!密猟者がゾウに殺されライオンに食われる「頭とパンツ発見」南ア(動画)

クルーガー国立公園のサイと出会ったライオンの赤ちゃん(Michael Moth/South African National Parks)

 当ハザードラオでもおなじみの南アフリカのクルーガー国立公園で今月2日、サイの角を狙った密猟者がゾウに踏まれて死亡し、その後にライオンの群れに食われていたことが明らかになった。公園管理局は5日、「人間の頭蓋骨とパンツを発見した」と発表した。

 

残ったのは頭蓋骨とパンツ

 同園管理局は今月4日、密猟者の家族を名乗る人物から、「サイの角を狙って公園に侵入した身内がゾウに殺された」という1本の電話を受けた。陸と空から密猟者の捜索を続けたレンジャーチームは、今月4日朝にようやく密猟者の仲間4人を発見。そこから少し離れたライオンの群れの近くで、男の死体の一部が見つかった。

 

 生き残った密猟者の供述によると、侵入者に腹を立てたゾウに襲われて、1人が殺害。ほうほうの体で逃げ出した仲間は、通りがかった人に見つけてもらえるよう遺体を道路まで運んだが、翌朝には消えていた。そこで、犠牲者の家族に死亡を伝えたという。(下記は獲物を食うライオン/Kruger National Park)

 

絶滅が危惧されるサイ。角を狙う密猟者が殺された!(Lloyd Horgan)

懲役500年の禁固刑も

 クルーガー国立公園のエグゼクティブマネージャーは、「公園に無断で歩いて侵入するのは極めて危険な行為であり、賢明とはいえない。今回の事件で証明された」と声明を発表し、残された家族にお悔やみを伝えた。

 

 南アフリカ警察(SAPS)によると今月3日には、過去4年間で55頭以上のサイを密漁した3人が、禁固25年の有罪判決を受けたばかり。今回捕まった密猟者4人は、ゾウの復讐からは逃れたものの、法廷で裁きを受けることになる。

サイ55頭以上の密漁事件に関わった3人は合計500年の禁固刑をくだされた(SA Police Service)

 あなたにオススメの記事

メニュー