防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

首相プレゼンの「状況はコントロールされている」根拠はシルトフェンス

 東京でのオリンピック開催の決め手の一つになったとも評価されている安倍晋三首相の国際オリンピック委員会(IOC)総会での最終プレゼンテーションで、安倍首相が福島第一原発の汚染水問題について、「状況はコントロールされている」などと安全性を約束したことについて、菅義偉官房長官は9日午後の記者会見で、この安全性の根拠について、福島第一原発の専用港湾内に敷設されているシルトフェンス(汚染水拡散防止用のフェンス)との認識を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、記者から「状況はコントロールされている」発言の意味と根拠について質問を受け、「港湾内にシルトフェンスというものを張っている。その中(フェンスの内側の海域)でも(放射性物質は)基準値以下の数字であるということ、さらに例えば宮城県、千葉県、福島県を含む広いエリアにおいて、セシウム濃度は検出限界値以下になっている」などと説明。

 

 さらに記者から「汚染水を止めることはできていないのに、コントロールされていると言えるのか」と指摘があったのに対しては、「フェンスをきちんと張って、外に出ないようにしてる。フェンス内でも基準値以下。ましてや湾外では検出できないぐらいの値以下しか出ていない。これを『コントロールしている』と言うのはある意味当然のこと」と反論している。

 あなたにオススメの記事

メニュー