防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

「令和」の墨書「できるだけ早く公開します」菅官房長官 レプリカも作成

この墨書を見たいという人が大勢いる(首相官邸)

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、新元号発表の際に掲げた「令和」の墨書について、「できるだけ早く公開する方向で検討していく」として、国立公文書館へ引き渡される前にレプリカを作製して一般公開を求める国民の要望に答えていく考えを示した。

 

 「公文書管理法施行令」によって、新元号の制定に関係する行政文書は保存期間を1年から最長で30年と定められている。菅官房長官が「令和」発表時に掲げた墨書は現在、内閣府で保存しているが、国民からは公開や貸出を求める要望が高まっている。

保存期間は最長30年

 

 政府は、できるだけ早く公開することを目指して、再来年4月には国立公文書館に移管して、一般公開できる方向で検討を進めているが、菅官房長官は会見で、移管前にレプリカを作って、実物に近い姿を公開する考えを示した。

 

 また新元号発表の際に使われた墨書は、内閣府のホームページでもダウンロードできる。

PDF形式でダウンロードできるぞ!

 あなたにオススメの記事

メニュー