防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

西〜東日本「15、16日は大荒れ」とくに太平洋側 大雨・雷・突風に注意!

近づく雨雲(気象庁の高解像度降水ナウキャスト)

 前線を伴った低気圧の影響で、西日本と東日本ではあす(15日)は、局地的に雷を伴う非常に激しい大雨が降るとして、気象庁が早めの注意を呼びかけている。

 

 東シナ海にある低気圧が、前線を伴いながら東北東に進んでいて、今夜には九州の南の海上に進み、15日夜には若狭湾付近の日本海に到達する見通し。

 

 このため、低気圧や前線に向かって、上空に暖かく湿った空気が流れ込み、15日は太平洋側を中心に、1時間に50ミリ以上の非常に激しい大雨になる見込み。また南西諸島では朝にかけて、西日本から東日本ではあす夜にかけて竜巻などの激しい突風が吹き荒れるおそれがある。

 

 あす昼までの24時間に予想される雨量は、多いところで、▽四国地方250ミリ、▽九州北部と東海180ミリ、▽近畿150ミリ、▽中国地方、関東甲信地方120ミリ、▽沖縄地方100ミリ。

 

 低気圧の北上に伴って、大雨の範囲は拡大し、16日にかけては北日本でも大雨になるおそれがある。16日昼までの24時間に予想される雨量は、▽関東甲信地方で100〜200ミリ、▽中国、近畿、北陸、東海地方で100〜150ミリ、▽四国50〜100ミリ。

 

 気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻など激しい突風にも注意するよう呼びかけている。

 

 

■ハザードラボ「気象マップ」で気になるエリアの天気予報をチェックしよう!

 あなたにオススメの記事

メニュー