防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

四国と中国地方 今夜からあす朝にかけて激しい大雨に注意

10日午前10時までの1時間雨量(気象庁)

 四国の太平洋側と中国地方では、今夜からあす朝にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、気象庁が土砂災害への注意を呼びかけている。

 

 東シナ海にある梅雨前線上の低気圧が、10日から11日にかけて、対馬海峡を発達しながら北東に進み、前線が北上するため、上空に暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定となると予測される。

 

 このため、四国の太平洋側と中国地方では、10日夜のはじめごろから、11日朝にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見通しで、土砂災害や浸水害、河川の増水、落雷、突風への注意が必要だ。

 10日に予想される1時間雨量は、いずれも多いところで、▽四国の太平洋側で50ミリ、瀬戸内側で30ミリ、▽中国・山陽地方で30ミリ、山陰地方25ミリ。

 

 気象庁によると、あす朝までの24時間に予想される雨量は、▽四国の太平洋側250ミリ、瀬戸内側150ミリ、▽中国・山陽地方で100ミリ、山陰地方70ミリ。

 

 雨は11日以降も、四国を中心に続く見通しで、今後も最寄りの気象台が発表する気象情報に留意してほしい。

 

■ハザードラボ「気象情報」では気になる地域の天気や、今後の見通しをご確認いただけます。

10日午前10時現在の24時間雨量(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー