防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

健康寿命のばすカギとなる遺伝子「elpc-2」線虫で発見!沖縄科技大

elpc-2遺伝子は線虫のからだ全体にあらわれ、加齢に伴って運動機能に重要な役割を果たす(沖縄科学技術大学院大学OIST)

 高齢化社会が進んで、平均寿命が伸びる一方で、本当に重要なのは、医療や介護のちからに頼らなくても、自立して健康的に暮らすことができる「健康寿命」だと言われるなか、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のチームは、線虫の老化を調べる実験で、健康寿命に関係する遺伝子の特定に成功した。

 

 線虫は、文字どおり「細長い糸状の体をした動物」で、土や海、生物の体内など、さまざまな環境に暮らす。このうち、体長1ミリほどの「C.elegans(=カエノラブディティス・エレガンス)」は、雌雄同体で単体で子孫が残せるうえ、脳・神経・消化器官・生殖器まですべて持っているため、生命現象を研究するためのモデル生物として一般的だ。

線虫の運動会で老化と運動機能を調べる

 川村和人博士らの研究チームは、線虫のゲノムを操作して、老化を調べる実験を実施。数百匹を対象にさまざまな遺伝子変異を導入し、シャーレの中央に置いたエサに近づくための運動機能を観察。

 

 エサにたどり着けない線虫を実験対象から排除し、最後に残った線虫が老化したあと、再び同じテストを繰り返した。

 

 2回目のテストでは、複数の線虫に運動機能の低下が見られたことから、何も手を加えていない野生の線虫とDNAを比較した結果、「elpc-2遺伝子」が損傷した変異体は、加齢によって運動機能が低下することが判明した。

シャーレの端に配置された餌まで移動する線虫をテストする実験は、数百匹の線虫の運動機能を同時に調べることができる、いわば線虫の運動会(OIST)

正常な遺伝子をコピーすると運動機能が回復

 

 次にelpc-2遺伝子が損傷した線虫に、正常な遺伝子のコピーを導入した結果、運動機能に回復が見られたことから、この遺伝子が健康寿命の維持に重要な役割を果たしていることが明らかになった。

 

 川村博士は、「老化に関連する遺伝子の全体像が明らかになれば、遺伝子工学で健康寿命の改善に取り組めるかもしれない」と話している。

 

 なおこの研究成果は遺伝子学の専門誌『G3-Genes Genomes Genetics』に論文が掲載された。

線虫の老化と運動機能の関連を研究した川村和人博士(OIST)

 あなたにオススメの記事

メニュー