防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

大型で強い台風10号「目がハッキリ」15日上陸のおそれ

気象衛星ひまわりがとらえた台風10号(気象庁)

 大型で強い台風10号は、小笠原諸島の父島近海でほとんど停滞している。12日以降は、自転車並みの速度で西日本へ接近し、15日ごろにも上陸するおそれが出てきた。

 

  11日午後12時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

  気象衛星ひまわりの観測画像を見ると、中心を渦巻く目がハッキリ見える。台風は今後時速15キロの自転車並みの速度で、西北西に進みながら発達を続け、13日には沖縄・南大東島の近海に到達すると見込まれる。

 

  その後は進行方向を北寄りに変えて、15日には日向灘から豊後水道にかなり接近し、西日本に上陸する可能性が高い。

暴風域に入る確率(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー