防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

強い台風13号「レンレン」あす5日に宮古島に最接近!

気象衛星ひまわりがとらえた台風13号

 強い勢力に発達した台風13号はあす(5日)、暴風域を伴いながら、宮古島に最接近する見込みで、沖縄地方では最大風速40メートルの猛烈な風が吹いて、海は大しけになると予想される。

 

 4日午後3時現在、台風13号の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径90キロ以内では、風速25メートルの暴風が吹いている。

あす宮古島に最接近

 台風はゆっくりとした速度で北上を続けており、先島諸島では今夜から非常に強い風が吹いて、海はうねりを伴う大しけになる見込みだ。

 

 台風は今後も発達を続け、5日昼前から昼過ぎにかけて宮古島に最接近する可能性が高く、先島諸島や沖縄本島では6日にかけて猛烈なしけが続き、非常に激しい大雨が降るおそれがある。

 

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、▽宮古島で40メートル(60メートル)、▽八重山と久米島25メートル(35メートル)、▽沖縄本島23メートル(35メートル)。

暴風域に入る確率(気象庁)

警戒すべき時間帯

 あわせて、予想される波の高さは、▽宮古島10メートル、▽沖縄本島8メートル、▽八重山6メートル。

 

 さらに先島諸島では5日にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、あす午後6時までの24時間に予想される雨量は、▽宮古島180ミリ、▽八重山100ミリ、▽沖縄本島80ミリ。雨足はその後も強まり、6日夜にかけての24時間雨量は、▽宮古島で200〜300ミリ、▽沖縄本島100〜200ミリ、▽八重山でおよそ50ミリと予想される。

 

■ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」も合わせてご活用ください。

警戒・注意すべき時間帯(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー