防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風15号「勢力強く」父島近海から接近中「8〜9日急変に注意!」(動画)

気象衛星ひまわりがとらえた台風15号

  台風15号は勢力を増して「強い台風」になり、暴風域を伴いながら、小笠原諸島の父島近海を本州に向けて進んでいる。

 

  7日午前10時現在、強い台風15号の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル、中心から半径110キロ以内では暴風、その周りには強風が吹いている。

雲域が小さいので急変のおそれ

  台風の接近に伴い、小笠原諸では昼過ぎから暴風域に巻き込まれ、海上はうねりを伴って大しけとなる見込みだ。その後は強い勢力を維持しながら、8日夜から9日にかけて東日本にかなり接近・上陸する可能性が高く、伊豆諸島では猛烈なしけになるおそれがある。

 

  気象庁によると、この台風は、雲が覆う範囲(雲域)が比較的小さいため、接近する地域では、急に風が強まって、波が高くなるおそれがあるという。

暴風域に入る確率と進路予測(気象庁)

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、▽関東地方・伊豆諸島35メートル(50メートル)、▽東海地方30メートル(45メートル)、▽小笠原諸島25メートル(35メートル)。波の高さは、▽伊豆諸島から関東・東海地方で9〜7メートルに達するおそれがあるほか、東北地方や近畿地方でも5〜4メートルになるという。

 

  また、東日本では太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った猛烈な雨が降るところがある。東海地方ではあす朝までに24時間雨量が100ミリ、その後も9日朝にかけて、300〜400ミリの雨が降ると予想される。関東甲信と伊豆諸島では200〜300ミリ、東北地方でも9日は激しい雷雨になり、100〜150ミリの雨が降るおそれがある。

 あなたにオススメの記事

メニュー