防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

夕暮れの街道 そよ吹く夜風感じて珍ブラ散歩 70代がズボン履き忘れ!武蔵村山市

街道沿いには大手飲食チェーン店も点在している。食事中に見かけた人がいないことを祈るしかない。(イメージ画/編集部)

 東京・武蔵村山市の新青梅街道(しんおうめかいどう)上で昨夜(12日)、下半身に何も着ていない男がいるのを、通りがかった住民が目撃し、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、12日午後6時40分ごろ、武蔵村山市中原1丁目2番地の路上を、下半身を露出した男が歩いているのを通行人が目撃した。

 

 犯人は年齢70代、身長160センチ程度、やせ型で、上には黒い服を着ていたが、下半身は何も履いていなかったという。

 

 現場は、JR八高線「箱根ヶ崎駅」から、東の多摩モノレール「上北台駅」へ伸びている新青梅街道上で、周囲には幼稚園や公園など子供の遊び場が点在することから、警察はパトロールを強化するとともに、犯人の行方を追っている。

【問合せ先】東大和警察署 042-566-0110(内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー