防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

涼しいのは「今だけ」来週から暑さ戻る 気象庁が注意呼びかけ

気象庁の早期天気情報

 

 前線や寒気の影響で、九州や沖縄をのぞいて、全国的に気温が平年並みか低い日が続いているが、三連休後の来週23日からは再び気温が高くなる可能性があることから、気象庁が注意を呼びかけている。

 気象庁の早期天気情報によると、東北から関東甲信、東海、北陸、近畿地方では来週23日以降、中国地方と北海道では24日以降、四国では25日以降、九州でも26日以降は暖かい空気に覆われて、平均気温がかなり高くなる見通しだ。 

 

 この三連休は、夏物衣料を片付けて、衣替えを計画している人はもう少し待っていただくとともに、気温の寒暖差が大きいため、体調管理や農作物の管理にはくれぐれも注意してほしい。

9月25日以降は、全国的に平均気温が高くなる(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー