防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

まもなく台風17号「ターファー」発生か?沖縄南方沖を北上中

提供:気象庁

 18日午後3時現在、沖縄の南の海上で熱帯低気圧が発達を続けており、ゆっくりと北上している。

 

 気象庁によると、熱帯低気圧の現在の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 

 現在は北上中だが、24時間後には、中心気圧996ヘクトパスカルまで発達し、マレーシア語で「なまず」を意味する「ターファー」と呼ばれる台風になって、進路を西へ向けると予想される。

 

 この影響で、沖縄本島と大東島では次第に風が強くなり、沿岸海域では20日以降、大しけになると予想されているため、この先も最新の天気予報に注意してほしい。

 あなたにオススメの記事

メニュー