防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

ウミガメの赤ちゃん お腹からプラスチック片104個見つかる 米国(動画)

死んだウミガメの赤ちゃんのお腹のなかから見つかったプラスチック片は100個以上だった(Gumbo Limbo Nature Center, Inc.)

 我々人間が捨てた大量のプラスチックによる海洋汚染が地球規模で深刻化するなか、米フロリダ州の野生生物保護センターは、病死したウミガメの赤ちゃんのお腹の中から、104個のプラスチック片が出てきたことを明らかにした。

 

 大西洋に面したフロリダ半島南東部の「ガンボ・リンボー・ネイチャー・センター」では、絶滅危惧種のアオウミガメの保護活動を行っている。

 

ウォッシュバックされた子ガメ

 今月2日の発表によると、このカメは、卵から孵化したあとに海に泳ぎ出て数週間過ぎた後、再び波に押し返されて浜辺に打ち上げられた個体で、生後1〜2カ月の赤ちゃんだ。 

 

 センターでは毎年「ウォッシュバック」される子ガメを保護し、再び自力で泳げるようになるまで、ケガや病気の治療をしたあとに海へ戻す活動を行っているが、この子ガメはスタッフの懸命のてあてもむなしく、回復しないまま死亡してしまった。

 

ケガしたカメの治療(Gumbo Limbo Nature Center, Inc.)

 死因を調べるために解剖した結果、胃や腸の中から100個以上の樹脂片が見つかり、腸閉塞が原因だと判明した。

 

 日本では小笠原諸島や南西諸島で産卵が確認されているアオウミガメは、熱帯や亜熱帯の海に生息し、水深の浅い沿岸地域で海藻類を食べて成長する。

 

 卵目当ての乱獲が進んだため、生息数が減少しており、ワシントン条約によって国際的な取引が禁止されている。フロリダ州では生息数が回復傾向にあるものの、近年では海洋汚染が原因で死亡する個体も多く、特に体の小さな若いカメがその犠牲になっているという。

 

釣り糸が巻き付いてケガしたウミガメ(Gumbo Limbo Nature Center, Inc.)

 あなたにオススメの記事

メニュー