防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

小笠原諸島・父島近海でM5.1 米独の観測機関がとらえる

米地質調査所とドイツの地球科学研究センターが父島近海を震源とする地震をキャッチした(USGS)

 ドイツの地球科学研究センター(GFZ)と米地質調査所(USGS)によると、日本時間19日午後3時10分ごろ、小笠原諸島の父島近海を震源とするマグニチュード(M)5.1の地震が発生した。

 

 地震が発生したのは、父島から北へ240キロ離れた海域で、震源の深さは約10キロ。ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)はこの地震による津波の心配はないとしている。

 

 父島近海では今月14日にもM4.9の地震が発生したばかり。

ドイツ

ドイツ地球科学研究センターの発表より(GFZ)

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー