防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

アラスカ・アリューシャン列島でM6.0 津波の心配は?

アリューシャン列島でM6.0(USGS)

 米地質調査所(USGS)によると、日本時間2日午後2時ごろ、太平洋北部のアリューシャン列島でマグニチュード(M)6.0の地震が発生した。ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)はこの地震による津波の心配はないとしている。

 

 2日午後2時2分ごろ、米アラスカ州と露カムチャツカ半島の間に連なるアリューシャン列島の中央に位置するタナガ島から50キロほど南の海域を震源とするM6.0の地震が発生した。

 震源の深さは27.3キロで、この影響でアダック島などでやや強い揺れを観測したが津波の心配はないという。

 

 アリューシャン列島は、太平洋プレートが北米プレートの下に沈み込んでいるアリューシャン海溝にあり、地震や火山活動が活発なエリアだ。

アリューシャン列島は地震や火山活動が盛んなエリア(USGS)

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー