防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

「トイレしたいから壁になって!」一人でできない連れション男 府中市に出没

トイレくらい一人で行け(イメージ画/編集部)

 きのう(15日)午後、東京・府中市の公園で、小学生の女の子が「用を足したい」と言って近づいてきた見知らぬ男から、「壁になって欲しい」などと言われて公衆トイレに連れ込まれそうになる被害が相次いだ。警察が関連を調べるとともに、不審な男についていかないよう、注意を呼びかけている。

 

 不審な男が現れたのは15日午後3時40分ごろ、府中市紅葉丘3丁目の公園で遊んでいた女子児童に近づき、「ティッシュ持っていますか?」と声をかけた。女の子が返事をすると、男は「大人の人には言っちゃダメ」と口止めしてきたことから、不審に感じ、保護者に報告した。

 

 その20分後の午後4時ごろには、先の現場から1.5キロほど西に離れた府中市緑町3丁目の万蔵庵公園で別の女子児童が呼び止められ、「トイレしたいから壁になって」と、用を足している最中、自分の体を隠してくれないかと頼まれた。公園内には公衆トイレがあったため児童が断ると、現場から立ち去ったという。

 

 いずれの事案でも不審な男は年齢30代、身長165センチくらい、体格は細身から中肉、黒髪で黒か青っぽいジャンパー、ジーンズに、メガネかスポーツタイプの黒縁サングラスをかけていたという。

 

 同一人物によるものかは不明だが、国内では最近、公園やショッピングモールなどの公衆トイレで子供が乱暴される事件もあいついでいることから、警察が注意を呼びかけるとともに、パトロールを強化している。

 

【問合せ先】府中警察署 042-360-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー