防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

関東甲信地方「17日夜から18日昼まで雪」受験生は気をつけて

18日の天気予報(気象庁)

 

 日本の南を東へ進む南岸低気圧の影響で、関東甲信地方では今夜から18日昼前にかけて雪や雨が降り、平野部でも一部で雪がつもるおそれがある。あす・あさっては大学入試センター試験が実施されるので、受験生は足元に気をつけて試験会場に向かってほしい。

 

 日本の南の海上で発達中の低気圧が、18日にかけて伊豆諸島付近を通過し、発達しながら東に進むと予想されている。

 

 また上空には、氷点下6度前後の寒気が流れ込んでいることから、関東甲信地方では今夜からあす昼前にかけて広い範囲で雪や雨が降り、山梨県を中心に大雪になると見込まれる。

 

 気象庁によると、雪が降る時間が長くなるため、関東では山沿いを中心に、平野部でも積雪が見込まれる。あす午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで、▽甲信地方20センチ、▽関東地方の山沿いで10センチ、▽平野部で5センチと予想されることから、交通障害や路面の凍結、電線や樹木の着雪に注意してほしい。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー