防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

4-6月期国内観光 旅行者数・消費額とも前年比10%超増加

 国土交通省観光庁が11日に発表した「旅行・観光消費動向調査(速報)」によると、今年4 - 6月期の国内観光旅行は、旅行者数・旅行消費額ともに前年同期比で10%以上のプラスになり、2期連続で、東日本大震災以前の水準を上回った。

 

 同調査によると、4 - 6月期ののべ旅行者数は、宿泊・日帰り合わせて約1.1億人で前年同期比約14%のプラス、旅行消費額は、宿泊・日帰り合わせて約3.3兆円で、前年同期比約10.3%のプラスとなっている。

 

 また旅行全体を消費額で見ると、観光旅行が約3.3兆円なのに対し、帰省などが約1.1兆円、出張が8000億円となっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー