防災と災害情報のニュースメディア
  • 感染症

クルーズ船「陰性の80歳以上 あすから下船へ」厚労省

クルーズ船からは検疫官の感染も明らかになった(だぁ@daxa_tw さんのTwitterアカウントより)

 新型肺炎の集団感染が起こっている大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」について、厚生労働省は13日、「あす以降、陰性が確認された80歳以上の高齢者を優先的に下船させる」という新たな方針を発表した。

 

 同クルーズ船では、新型肺炎の感染拡大を防ぐために、体調に問題がない乗客については、ウイルスの潜伏期間が過ぎるまで、それぞれの個室内から出ないよう協力を依頼してきたが、窓のない部屋で生活している乗客や、持病がある高齢者については、かえって持病を悪化させるリスクが高いと指摘されている。

 そこで14日以降、80代以上の高齢者のなかで陰性が確認された人については、下船してもらい、潜伏期間が解消するまでの間、政府が用意した宿泊施設で過ごしてもらうことに方針を変えた。

 

 一方、検査で陽性が確認された場合は従来どおり医療機関に入院してもらうことに変わりはなく、濃厚接触者については今回の措置の対象外としている。

加藤勝信厚労相

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー