防災と災害情報のニュースメディア
  • 感染症

新型肺炎「タクシー運転手は死亡女性の息子」和歌山では勤務医が感染

横浜に停泊中の大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で自衛隊の医官や薬剤官が、医薬品の仕分け作業にあたるようす(防衛省)

 新型コロナウイルスへの感染で、13日に亡くなった神奈川県の80代の女性は、同じく感染が判明した東京都内の70代のタクシー運転手の義理の母親であることがわかった。この日は、和歌山県でも50代医師が感染し、同病院を受診した患者も重症だという。さらに千葉県の20代男性の計4人の感染が明らかになったが、いずれも中国への渡航歴がなく、感染経路は不明だ。

 

 厚労省によると、神奈川県で死亡した80代の女性は、先月22日から倦怠感を感じ、その後、食欲不振などが続いたので、28日に最寄りの医療機関を受診したものの、経過観察となった。2月に入ってから倦怠感が増したので再受診した結果、肺炎と診断されて別の医療機関に入院。

 

 抗生物質による治療を受けたが、呼吸状態が悪化したので、今月6日に他の医療機関に転院し、人工呼吸器を装着。容態がさらに悪化したので、新型コロナウイルスの遺伝子検査を実施したが、13日に死亡し、その直後に陽性反応が確認された。

 

 また女性の義理の息子で、東京都内でタクシー運転手として勤務する70代の男性も感染が明らかになった。運転手は女性より遅れて、先月29日に発熱で都内の病院を受診したが、改善しないので2月3日に再受診して肺炎にかかっていることがわかった。

 

 その3日後に別の病院に入院し、今月12日に検査を行った際に、特定の感染症とは診断されなかった。しかし新型コロナウイルスの可能性があるため、検体を採取して地方衛生研究所で調べたところ、陽性反応が確認された。発症後は自宅で療養しており、タクシー勤務はせず、自転車やマイカーで移動していたという。

和歌山県の病院勤務医が感染

 さらに和歌山県では湯浅町にある済生会有田病院の50代の男性外科医が感染して入院中だ。この医師は解熱剤を服用しながら勤務を続け、2月8日に体温が38度まで上がったため、CT検査を受けた結果、肺炎の影が確認された。同病院で受診歴がある70代の男性1人も、今月6日に39度の高熱で入院しており、重症だという。

 

 同病院では、当面は外来診療を停止するとともに、1月18日から2月13日まで来院した患者や家族に向けて接触外来を行うとしている。

 

 また千葉県では20代の男性が感染。今月2日に熱が出たが、病院へは10日まで行かず、肺炎症状があったので入院。13日に地方衛生研究所で新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたというが、いずれも感染経路はわかっていない。

 

 一方、厚労省は13日、中国・武漢市から第2便のチャーター機で帰国した199人すべてが陰性だったと発表している。

和歌山県の済生会有田病院の50代外科医も感染。受診患者にも感染が広がっている(済生会ホームページより)

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事

メニュー